作業の進め方。

録音です。
漫才マイクと、白クジラマイク。
最近はこのコンビで歌を録ってます。
081124_192601
うまくいってるときは、
良いモノがするすると録れていきます。
うまくいかないときは、
いったん退いて、
「あ、そうか」ってひらめくまで寝かせます。
1日でも、1ヶ月でも。
その間ほかの曲やったりしながら。
写真集とかボーッと見ててひらめいたときもある[E:flair]。
五代目 坂東玉三郎 写真集、最高です。篠山紀信撮影。
「〆切に追いつめられたときのバカヂカラ」
にたよって自分を追い込んで集中を高めるの、
大好きだったんですが、
そうじゃなく、
「先の登山ルートが分かんなくなったら、
ベースキャンプに戻ってボーッとしてみる」
ってのを最近やってます。
とくに〆切がある仕事じゃないんだし。
こんな丁寧に山を登っていくの、
初めてです。
失敗を重ねてくると、
あと一歩踏み込んだら致命傷だったな、
って距離感がだんだん分かってくる気がします。
頂上まであと少し〜!ってイケイケのときに
ベースキャンプに戻れるのも、
ひとつの智恵、勇気ぜよ、昔のオレよ。
一年前に仕込んだ味噌の具合を
ボーッと確かめたりしながら。
モタモタするのとも違う、いいペース。
081124_194701


2 Comments

  • 23 2008年12月3日 at 1:56 PM

    白クジラ、歌やサックスにはすごくいいです。
    元気いい感じで、オケが厚いときとか、とくに中域が抜けてくる気がします。チューブマイクがないときは、庶民はコレです^^。

    Reply
  • hiroyuki 2008年11月29日 at 8:27 AM

    そうそう421は桑田さんもこれでVocal撮りしてるとか?
    38は先日もライブハウスで弦の再生とサックスに使ったりしましたが、素直な音が大好きなマイクです。
    8日に東京でシャンソンですが、ときわさんとA君もライブみたい…たまにはゆっくり聞きたいですね。

    Reply

hiroyuki にコメントする Cancel Reply